ネタバレしかない犯人全部【絶対零度~未解決事件特命捜査~】

 絶対零度〜未解決事件特命捜査〜(Season1)

日本には現在、約6万件のコールドケース、
つまり未解決事件が存在する。

警視庁は2009年11月2日、捜査一課に
コールドケースを専門に扱う特命捜査対策室を設置。
残された数少ない証拠、
記憶の薄れた関係者の証言、
そして最新の科学技術を頼りに事件解決に挑む。

ドラマ第一話冒頭より

桜木泉(上戸彩)は被害者の行動を追いつつ、何を見て何を感じたか、実感することで、事件の糸口をみつけだす。青臭さは否めないが「未解決事件とは、犯人が社会に溶けこんでいて、新たな被害者・加害者が生まれる基にもなり得る」という普通の感覚があり、視聴者の代弁者ともなっている。のかなと。

「警視庁第二分庁舎」の玄関は、日本獣医生命科学大学の第一校舎の一号棟

以下、ちょいちょい出てくる「2010年」は、Season1の放映時期、2010年4月13日~2010年6月22日のことで、ドラマの中では「現在」になる。

 

第1話:東都銀行三億円事件(1999年12月31日)

犯人:東都銀行中之橋支店 支店長 木村行信(渡辺憲吉)
2010年4月、奥多摩スカイライン建設予定地から、の白骨死体が見つかり再捜査。被害者は、父親の借金を抱えた大貫清美、カード破産寸前の飯島友江、恋人宮本に借金がある迫田麻衣。3人は東都銀行中之橋支店の同僚で友人だが、50万円ほどの横領を行ない、みつけた支店長である木村から、3億円の横領を持ちかけられる。3人が事件に巻き込まれ殺されたようにビデオを撮影して身を隠す作戦だったが、ビデオ撮影時に3人とも、撮影者の木村に射殺されてしまう。映像は削除し、PCを売ったが、中古PCショップ店員が復元しネットに拡散。大貫清美のお腹の子の父親である木村が最後に「悪いな、大貫くん」と言った言葉が映像に残り、音声解析の結果、木村と断定し逮捕にいたる。


第2話:富士見医大研修医殺害事件(1995年4月16日)

犯人:富士見医大 医師 桐山義之(大高洋夫)
2010年4月、ゴミ屋敷を片付けていた公務員によって凶器が発見され再捜査。被害者は富士見医大研修医の日向葵。夜勤明けの日向葵は帰宅途中、ケガをしたホームレスのゲンさんを保護、富士見医大に運び、看護師長であった立花志保に引き渡すが、その後ゲンさんは行方不明に。桐山が立花を巻き込み、ゲンさんの開頭手術を実施、死亡させていた。「血管バイパス手術一度やってみたかったんだ。硬膜下血腫で処理するから問題ないよ」と桐山。日向葵が不正に気づき、告発すると言いだし、桐山に殺される。立花が隠していた、死亡時日向葵が握っていた桐山のカフスボタンに残る皮膚片と、凶器の結婚のDNAが一致したことを検察は証拠として認め、時効成立前に起訴状を裁判所に提出。逮捕しなくても起訴されれば時効が止まるが、手術中に日をまたぎ時効を迎えたと安心して手術室から出てきた桐山を逮捕。
第一発見者であり、当時容疑者であった、元恋人の野宮冬樹(ムロツヨシ)のアンニュイさが、若干捜査を惑わすが、単なる夢追い人なだけです。


第3話:神の処刑事件(1人目2002年4月23日~4人目2002年5月21日)

犯人:元プロゴルファーでインストラクター合田昌人(伊藤洋三郎)
2010年4月23日、蒲田南署管内で起きた女性刺殺事件が類似点が多く再捜査。異なる点は、ナイフで「GOD」と傷つけ、髪を切り落とす。椅子に縛り付け、現場で殺害していた。一致点は、20代後半の長い黒髪女性が被害者で、両手両足を紐で縛り、ナイフで殺害。紐の結び方も一致。2001年4月23日、不倫相手を追って妻が家出。その1年後から、妻に似た長い黒髪の女性を襲うようになったが、4人目を殺害後、脳梗塞で倒れたため殺害が止まる。8年経ち、息子の合田直規(札内幸太)を使い、蒲田の事件を含む2名を殺害。


第4話:中学教師行方不明事件(1999年7月31日)

犯人:火浦忠広(遠藤雄弥/中学生:清水尚弥)
白骨化した遺体が4係に送られてきて再捜査。遺体は駒木中学校の教師で天文部の顧問で、1999年7月31日を最後に失踪していた朝倉聡。天文部の合宿中、朝倉に万引きを咎められた四之宮真紀が「黙ってくれるなら」と自ら胸元をはだけさせ迫るが朝倉に一喝される。四之宮は悲鳴を上げ、男子部員3人に「先生に襲われた」と言い逃げる。朝倉が四之宮を襲ったと誤解、逆上し、3人で殴りかかるうち、火浦が理科室の道具で頭部を殴り殺害。四之宮を守るため3人の共犯にしようと先生を埋める。
11年後、ニュースキャスターとなった四之宮に、火浦は「先生に襲われたなんて嘘なの」と言われ、自分の罪の深さに気づき、遺体を掘り起し、警察に送った上で、自殺をはかる。未遂に終わり自首。


第5・6話:飼育動物連続殺傷事件

犯人:東京都学校飼育動物推奨会 職員 谷口康夫(小浜正寛)
千山こども交流会殺傷事件(2005年5月30日)を模倣したと思われる、飼育動物連続殺傷事件。桜井の元上司である村井(モロ師岡)が、退官前に解決したいと持ち込み、捜査することに。沢井春菜(福田麻由子)が「赤い髪飾りの女」と言われ目撃された後に、飼育動物が殺されることが、都市伝説的に地域の噂にあがるが、彼女はネット上の犯行予告を基に、犯人をつかまえようとしているだけ。春菜のラブレターを代わりに届けに行った宮田ゆきが千山こども交流会殺傷事件に巻き込まれ、殺されたことを春菜は悔いている。
飼育小屋前で宮田ゆきを想い泣く春菜を見かけた、東京都学校飼育動物推奨会の職員である谷口が「悲しんでいる春菜の顔を見たかった。おもしろい」との理由で、うさぎなど都内各地の小中学校で殺す。
ちなみに千山こども交流会殺傷事件の犯人役は、村田充(神田沙也加の夫)が演じていた。

 

第7話(録画を撮り逃しておりました。いつの日か…)

 

第8・9話:杉並女子高生誘拐殺人事件(2004年8月16日)

主犯:河野仁志(飯田基祐)・実行犯:小栗太一(滝藤賢一)
室長である長嶋秀夫(北大路欣也)と高峰涼子(山口紗弥加)にとって「消えない痛みを与え続けている」事件。別の傷害致死事件で服役中の小栗太一が酸欠装置の図を書き起こしたことから再捜査。国会議員・本谷拓郎の娘で女子高生だった本谷翔子が誘拐され、72時間かけて空気を抜く特殊装置で窒息死させられる。
主犯は、河野仁志。娘の河野美香が階段で頭を打ち、夜間診療の待合室で待つところに強引に受診を割り込んだ本谷拓郎とその愛人。結果、美香は診察を受けず、その帰りに硬膜下血腫で亡くなったことを逆恨みし、娘である本谷翔子を殺害。


被害者の母と娘の待ち受け画像エピソーどや、河野は神経質ボールペンでトントンするクセが、桜木が犯人を発見するきっかけになったり、プロファイリングの失敗により関係ない人が自殺してしまったり、小栗が死ぬ間際監視カメラにヒントを残すとか、新聞記者が被害者団体を装い情報聞き出そうとしたり、その新聞記者を使った情報操作によって犯人の気持ちを逆なでするとか。
2週に渡って描かれている分、なかなか見どころのある展開でした。


第10話:東京理工大学講師殺人事件(2009年6月26日)

犯人:東京理工大学 教授 園田道雄(浅野和之)
2010年6月河原で凶器がみつかり再捜査。被害者であり遺伝子工学研究室の講師だった浅井政文(斎藤歩)は、人の弱みを握っては金品・権威をゆすっていた。若年性アルツハイマーであることがバレ、研究から身を引き成果を譲れと言ってきた浅井を園田が殺す。
病気を知っている、樋口瑶子(ともさかりえ)は自分が罪をかぶろうと、園田の備忘録を書き換え、園田の記憶をすり替え、偽装工作する。中卒で無学であった樋口に、勉強を教え、助教まで育てたのが園田であった。その樋口ですら忘れてしまう園田だが、浅井との口論中、樋口が園田をかばっていることを知らされたことが殺害のきっかけ。
師弟愛が悲劇を産む、やつ。まず、ともさかがいい。被害者がクズ中のクズなので、殺されてスカッとするかと思いきや、なんともやりきれないラスト。


第11話(最終話):巡査部長射殺事件(1998年8月26日)

犯人:巡査部長・百瀬邦弘(黄川田将也)
2010年6月工事現場で拳銃がみつかり再捜査。死んだとされていた百瀬邦弘が犯人であった。子どもが難病で手術代のために、自分の身代わりとして暴力団組員である橋本幸生を殺す。
現場検証でわざわざまわりこんで2発目を撃っている・橋本の拳銃では1発しか撃たれていないという矛盾点が、最後さりげなく回収される演出がよい。中馬武彦(北見敏之)が1発目で脚を撃ち、百瀬が2発目で背中を撃つ。百瀬の息子の事情を知る中馬が協力。息子・百瀬望(今井悠貴)に野球を教えていた、少年野球チームのグラウンド近くの作業員が百瀬邦弘だった。

 

 


 

【評】★★★★☆ 今見ても古臭くない。