進め!比奈ちゃん【ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子】

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第1話~第9話

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

新人刑事・藤堂比奈子(波瑠)は、異常な猟奇的殺人を「興味深い」と淡々と捜査に取り組む。比奈子は感情がなく家から出る前に「スイッチON」、帰ると「スイッチOFF」する。楽しそうに振る舞ったり、悲しそうに振る舞ったりするのは、大人になってからだいぶ慣れたと本人は言うが、先輩同僚・東海林(横山裕)は彼女の異常性に早くから気づく。心療内科医・中島保(林遣都)によると「感情の発露のしかたが、僕らと異なる」。

殺意が「ON」になった犯人と対峙すると比奈子は「その顔が見たかった」と言う。感情のない自分はいずれ、殺人をする側になるのではないかと考え、犯人の殺意のスイッチに興味を抱いている。

 

小説の比奈子は「興味深い」とか「その顔が」とか言わない。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [ 内藤了 ]

犯罪者が自分が犯した罪と同じ死に方で、次々自死する。こちらは「ON」です。中島保が主犯なのはドラマと同じ設定だが、小説では時計ではなく指輪。


CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [ 内藤了 ]

洋館で異なる部位が損壊されている女性の死体が複数みつかる、佐藤都夜(佐々木希)が犯人の事件ですが「CUT」小説では「幽霊屋敷事件」と呼ばれます。


LEAK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [ 内藤了 ]

第6話「リッチマン殺人事件」これは「LEAK」ですね。秋葉原が舞台。


ここまでしか読んでいないのですが。「AID」「ZERO」「ONE」と、6作発表されています。(ちょっと幼児のバラバラ死体とか出てくるっぽいので、読むのに、ちょっと気がひけています。) 「AID」は原島巡査(モロ師岡)の事件。ドラマの最終章(第8話・第9話)はドラマオリジナルストーリーで「ZERO」「ONE」が原案となりますがドラマは幼児ではありません。

 

比奈ちゃん。人生ってね、生きてさえいれば・・・

比奈子は記憶力はよく、何にでも七味をかけるところはドラマと同じですが、普通の新人女性刑事です、どちらかというと波瑠よりふんわりした印象かな。あとは、読者の想像にゆだねられるところではありますが、小説ではちょっとグロイ表現も多々あり、想像力豊かな方の中にはニガテな人もいるかも。

母の形見でありお守りでもある七味の缶には「進め!比奈ちゃん!」と母からのことばが書かれています。これも「ON」を読むとわかります。

実は比奈子と中島先生はドラマより進んだ関係となるのですが、その翌日比奈子は、中島先生が事件に関与しているのではないかと思いついてしまい、そうではないと否定したい気持ちとグルグルして、母の言葉を思い出す。

比奈ちゃん、迷ってる? そんな暇があったら進みなさい。人生ってね、生きてさえいれば、どんなことでも、大したことじゃなくなるものよ

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫) [ 内藤了 ]より

母が死期を隠し、警察官になったばかりの(母以外の理解者がいなかった)娘にこう言って渡すのが、この七味なのです。

 

ヨコのファンがうらやましい、かっこいい東海林先輩。

SNRC
中島保

ひゃあー美しいおふたりがひとつの画角に。
中島先生は「野比先生」というニックネームという設定だからか、こんな丸めがね。

 

関ジャニ∞なら横山裕派ですが、わたくし。いやあ、このドラマは特にビジュアルめちゃめちゃいい。放映期間からずっと、いいなー自担がこんなにかっこいい見た目で、こんなにかっこいい役回りで、いいなーいいなー。ずっと言ってました。(語彙力が)

比奈子を思って叱るシーン、助けるシーン、暴力的なシーン、痛めつけられるシーン、とにかくいい。見どころ満載。シリーズ化しないかなー、中島先生含め。

 

その東海林が「お前、なに恐い顔してんだ。」と言った顔がこれ。

藤堂比奈子

まじでやべぇ。中島先生から、比奈子の問題について話しがしたいと言われて、「スイッチON」で作っていた表情が解けたところに、同僚らが通りかかり、東海林が異変に気付くシーン。演技がいいのか、演出がいいのか、編集がいいのか、でも、ドラマオリジナルのこの設定、とても彼女に合っていました。

波瑠は民法連ドラ初主演でしたが、この作品で「第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞」を受賞しています。やっぱり『未解決の女』の「自分は!」っていう無鉄砲刑事役よりは、この繊細で危うい比奈ちゃんのほうがいい。

 

【評】★★★☆☆ ただ、犯罪は名の通り猟奇的で重いものばかり。