寝起きにキスして「わりぃ寝ぼけてた」と謝るのは反則です【ラブリラン】

ラブリラン 第1話~第10話(最終話)

f:id:mmiimmoo:20180623121648j:plain

15年の片思いをこじらせ、30歳・男性経験なしの地味系女子になっていた、南さやか(中村アン)が、ある日目を覚ますと、見知らぬ部屋・見知らぬ男性……町田翔平(古川雄輝)とはそういう関係で、同棲していたが既に別れたので、早く部屋を出て行って欲しいと言っている。

片思いの相手、鷺沢亮介(大谷亮平)への告白はどうなったの?

3ヶ月で私どうなっちゃったのーー。

 

という典型的「ワンクールラブ系ドラマ」です

また「ワンクールラブ系ドラマ」というのは、なんかっちゃ、3ヶ月でなんとかしなきゃ!みたいなドラマ。ちょうど今期やっている『ラブリラン』も「この3ヶ月で私どうしちゃったの?3ヶ月間の記憶がない!」みたいな。3ヶ月で結婚しなきゃとか、3ヶ月だけ同居することになったとか、日本の番組編成の呪いにかかっている3ヶ月ドラマのことです。

出版業界みんなが幸せになれる魔法のことば【重版出来!】 - ドラマ視聴メモ(仮)

そう、ジャパニーズ番組編成の呪いにかかったドラマです。わたしの造語です。役に立ちませんが、覚えて帰ってください。まあいい。中村アンと古川雄輝って『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ)の英会話教室の同僚ですね。

今回は中村アンのドラマ初主演作となります、が。

 

中村アンの地味キャラ

  ↓↓↓

 違 和 感

  ↓↓↓

ほんの数ヶ月でそんなにキャラ変できるのは、やっぱりベースがいいから!

  ↓↓↓

ベースがいい子は30まで片思いするような地味な女にはならないからっ!!

 

という世の女子が総ツッコミをするであろう、根本的問題点は、最後まで払拭できなかったわけですが……。でも夢がありますよね。わたしもパーソナルトレーナーつけてジム通いしたら、3ヶ月後に髪かきあげ&オフショルできるかしら(キラキラ)(できません。)

 

ワイルド系に、ツンデレ系、町田に恋する系、いろいろ男子

町田くんは、ドS&ツンデレ、亮ちゃんはお兄ちゃん&ワイルド。ここが真逆タイプなのはもちろんですが。

美容師・藤崎隼人(市川知宏)もさ、なかなかなキャラで。第2話でセフレ疑惑で散々ひっかきまわした挙句、まっちーに恋する乙女系男子。後半は宇野友美(佐津川愛美)と一緒に、さやかのアドバイザーになるあたりがほほえましかったし。

オリビアラボの若手デザイナー・佐山(渡部秀)も軽めな設定でね。(感想が雑)

っていうか、古川180cm、大谷180cm、市川185cm、渡部180cm

なんだこのヒマラヤ山脈。中村アンが背が高いから、男性陣も高いのをそろえたんだなと思いきや、中村アン161cm!もっと背が高く見えるね。……あれ。このくだり、先日の情熱大陸にあった気がするー。まんまとそういう思考ロジックにハメられているのね。

他、尾上寛之という役者がね出演しています。町田くんに嫌がらせをする役で一話で消えていったのです。が、モンテクリスト伯でも未蘭ちゃんの婚約者の外務省官僚役で一話で消えていった役でした。歌舞伎の「尾上」かと思ったら違うし、なかなか残念なお方で…。ハハ。

 

でもキチンと辻つまがあっていて、意外とよくできたストーリー

ストーリーは「現在」にテーマや問題点があって、それに関連する「記憶・過去」を少しずつ思い出して、徐々に明らかになっていく展開。

第3話:町田「ああ、次はちゃんと女として見てもらえますよ。だって俺は、すてきだと思ってますから、今の南さん。」

第7話:さやか「別れた理由を思い出したうえで、ちゃんと話したいの。二度目のわたしたちは無駄なんかじゃないよ。」

その都度ちょっとずついいセリフはあるし、たまにキュンとくるシーンもあるんだけど、バズるほどではなく弱い。さやか側の記憶だったり、町田や鷺沢側から見た記憶のシーンだったりして、断片的なので、視聴者から見ていると途切れ途切れで、なんか気持ちが続かないんだよねー。あと、恋愛のことばかりではなくて、仕事もがんばる的要素があるものだから、どちらの描写も中途半端になっちゃうのかな。

 

でも。ドラマ後半のテーマ「なぜ町田くんとわかれることになったのかな」の真相がわかった後に、再度第6話ラストの「じゃあ俺と付き合いますか。きっとそれ、うれし涙ですよ」という二度目の町田告白の記憶を、町田・さやかがそれぞれ思い出す、という流れは切ない。

まあ、おわりよければ、すべてよし。ということでよろしいでしょうか。

f:id:mmiimmoo:20180623121652j:plain
(画像は【公式】木曜ドラマF「ラブリラン」|読売テレビ・日本テレビ系より)

 

今はhuluでご覧になれます

【評】★★☆☆☆

古川は「感情を表に出さない」演技・演出なのだと思うんだけど、能面に見えることがあるのがちょっと惜しい。