結局「シャーロック」と呼ばれる所以がわからず【ミス・シャーロック】

ミス・シャーロック 第1話~第8話(最終話)

huluオリジナルドラマ、WOWOWオリジナルドラマ、なんとかオリジナルドラマ…だれかチャンネルひとつにまとめてくださいませんか。

f:id:mmiimmoo:20180618235121j:plain
Hulu より

 

古典的展開の中にちらつく「マリス・ステラ」

全世界の映画・ドラマ史上、最も多く映像化されているキャラクター。それがシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンなんですって、奥さん!そのシャーロックとワトソンが、女性で今、東京にいたら、っていう。

「ひげの幸子像の謎」や「武蔵野ヶ丘のヴァンパイア 」など単体の事件ひとつひとつは、そんなに目新しい事件ではないんだけど、ちらちら見え隠れする「マリス・ステラ」の影が、気になりますよね。シャーロック・ホームズにベースとなる物語があるのでしょうか。

(時間が幾らあっても足りない感じがするので、シャーロック・ホームズと、スター・ウォーズは手を出さないと決めています。だれかご存知でしたら教えて。)

 

最後にネタバレ含みますので、よけいな話しを挟みます

わたしはカトリックのミッションスクール出身なのですが、そのまま「海星」っていう名前の学校で、校章は「帆船の上に星が光り輝いている」絵です。←絵。そこでは「ステラマリス(STELLA MARIS)」と言い、それはマリア様のことでした。
このドラマでもマリア様にも触れてはいたけど、どちらかというと「こぐま座」と「北極星」がフィーチャーされています。ずっと「ステラマリス」だったのもあり、「マリス・ステラ」の語順もこぐま座もなんか違和感感じる。というかこぐま座ってそんなにメジャーなんですか。カタチから最初は「北斗七星」かと思いました。

 

ヨーヨー・マではなく、上地さくら先生ですが

そう、チェロ!シャーロック(竹内結子)がチェロ弾くんですけど、このドラマ。
とりあえず第2話冒頭でバッハの無伴奏、第1番(プレリュード)を弾くシーンがあって。こんなボーイングで音出るわけないじゃんとか、そりゃ思いますけど、左指も弦をくぐらせてたり、竹内結子のチェロシーンはまあまあ。演奏は『のだめカンタービレ』や、『カルテット』の上地さくらさんなんですが、この第2話のシーンはこれでいいの。


これ以降、最終話までは演奏シーンはなし。そして、確か第6話だったと思うのですが、チェロが横に置いてあるところに、弓毛をゆるめて楽器の上に置く、というシーンがあるんだけど。これ、楽器の置き方の方向が違うんだ。チェロは椅子に座って弾いて、自分の右側に置くにしても、左側に置くにしても、ネックを自分側に置くはずなんだけど、逆。自分の向こう側(視聴者側に向けて)に置いてあって不自然。
ただ、もう一度見ようと思ったらそのシーンがみつからない。あれは夢ですか。

 

はい、ネタバレ含みますよー。言うほどネタバレしてませんけどー。

第6話では、マリス・ステラが団体ではなく、犯罪誘導の論文を書いた「モリワキ・アキラ」なのか、というところで終わります。

そうそうさつまいもパーティーでの、心理テスト。あれ速攻で「脚がないから!」って答えちゃったわたし、どうなの。(会社の同僚に「そんなの思いつきませんよ」という反応をされてしまいましたが)、同じ答えで「サイコパス」と診断された戦場カメラマン(大谷亮平)なのか、心理カウンセラー(斉藤由貴)なのか。

まあ斉藤由貴の役名「入川真理子」。
IRIKAWAMARIKO を並べ替えると
MORIWAKIAKIRA だよね。

という記事を書きました。(この記事にまとめるのに消しちゃいました。ブログ創世記のため試行錯誤中なんです。) 

(最終話はこの「大田区産業プラザPiO」のビルが目立ちましたね。)

 

そうしたら、ねー。いえ、どっちだったのかは Hulu でぜひ!

とか言ってすみません。最後までわたしは、和都(貫地谷しほり)が洗脳されたフリをしているのかと思ったけど……それは外れました。シャーロックの最後は、和都の奪還と洗脳を解くための行動だった、ということになります。

そして、最終的な答えは、礼紋(滝藤賢一)の柴田(中村倫也)へ向けたセリフ、

 「ゴンドラを無断で使ってクビになったんだろう。」

ですね。

最終話までのゲストも豪華だったし、続編や映画化に期待しちゃうなー。

 

【評】★★★★☆ 今後に期待して4つ。中村倫也の続投もお願いしたい。

出版業界みんなが幸せになれる魔法のことば【重版出来!】

重版出来! 第1話~第10話

TSUTAYA DISCASのDVDで再視聴です。まあ安定の。TBSですし。

 

日本代表レベルの女柔道家がケガで選手生命を絶たれ、目指したものは

黒沢心(黒木花)は、幼いころ読んだ漫画がきっかけで柔道一筋とな。そのエピソードがさらにきっかけとなり、大手の出版会社『興都館』に就職し、週刊コミック誌「バイブス」の編集部へ配属。新人ながらも前向きで実直な、柔道に打ち込んできたんだなという言動が、徐々に編集部・営業部・漫画家に波及していく。

黒沢心の編集者としての成長と、週刊誌編集部と漫画家と、というストーリー。 

 

原稿作画は有名漫画家ぞろいでファン必見

ドラマでは何人もの漫画家の現場が描かれていますが、ドラマの小道具であるはずの原稿も、作画を実際の漫画家が描いているところは必見です。

三蔵山先生(小日向文世)『ドラゴン急流』は、『究極超人あ~る』『白暮のクロニクル』のゆうきまさみ。高畑一寸『ツノひめさま』は、『とめはねっ! 鈴里高校書道部』の河合克敏。八丹カズオ(前野朋哉)『たんぽぽ鉄道』は、『ぱじ』の村上たかし

あと!藤子不二雄A先生とか、豪華すぎて書ききれないのですが、 女性として絶対外せないのは、山縣留羽『音の作法』『100万オトメバイブル』をいくえみ綾が登場です。

いくえみ綾の『おやすみカラスまた来てね。』の善十も見えますね。

 

立派な羽を育てたければ本をたくさん読みなさい

そう、それでいくえみ綾オリオン書房の河さん(濱田マリ)が中学生の時に影響を受けたのが、山縣留羽『100万オトメバイブル』。このエピソードたまらなくいいですね。

黒沢心が「お父さんの漫画を読みたくないなら、他の漫画家はどうかな」と、後田アユ(蒔田彩珠)に『100万オトメバイブル』を渡す。

わたしたちはみんな
見えない羽を持っている
立派な羽を育てたければ
本をたくさん読みなさい
本の形は鳥の形
読めば読むだけ 強くて
しなやかな羽になる
そうすれば
どこまでも飛んでゆける

台詞はこんな感じ。実際のいくえみ綾の原稿は公式サイトでご覧になれます。しゅてきっ。ぜひ見て。

これが転機になり、アユは、父・牛露田 獏を歩み寄っていくし、第8話の最後に、河さんにるうるうが書店まで会いに行くところも、ホントいい。(この河さんのモデルとなった名物書店員さんが実際にオリオン書房にいて、第5話に出演されたそうです。)

 

出版社『興都館』のビルは『離婚弁護士』の裁判所だった

興都館のビルは、日本大学経済学部7号館です。

エントランスがすてきな校舎。あの白くて天井が高いロビーもそうなのかな。

わたくし事ですが同時期に再放送で見ていた『離婚弁護士』にも東京家庭裁判所としてたびたび出てきていたので「こうとかんだー!」ってなりました。水道橋駅から近いそうで……東京ドーム行くとき寄り道して見てみたい。

 

ワンクールラブ系ドラマ・ソリューション系ドラマではない魅力

はじめの数分で問題が勃発して30~40分程経過すると印籠が出てきてみんなで笑って解決するとか。学園モノに多いけどメイン出演者が7~8人いて、一週にひとりずつ順番にトラブル発生や悩み爆発して、でもキッカリ一話で問題解決される。そんなドラマを「ソリューション系ドラマ」と呼んでいます。←わたしが。

また「ワンクールラブ系ドラマ」というのは、なんかっちゃ、3ヶ月でなんとかしなきゃ!みたいなドラマ。ちょうど今期やっている『ラブリラン』も「この3ヶ月で私どうしちゃったの?3ヶ月間の記憶がない!」みたいな。3ヶ月で結婚しなきゃとか、3ヶ月だけ同居することになったとか、日本の番組編成の呪いにかかっている3ヶ月ドラマのことです。

#あくまでも筆者の造語です。

重版出来!はそのどちらでもない。たぶん設定として1~2年なのかな、長めの期間で、登場人物が徐々に成長・変化していてどのエピソードも少しずつ泣けるし、ホッとした解決があって、でも止まらず続いていく。

三蔵山先生の近代芸術文化賞受賞式、壇上でのスピーチ「ドラゴンシリーズを完結。新しい作品をはじめる」という発言がそれを象徴していました。

 

一番、心に残ったのは、三蔵山先生の第一アシスタント沼田(ムロツヨシ)のエピソード。第7話。

沼田が中田伯(永山絢斗)の才能への嫉妬から、中田のネームノートをインクで汚してしまう。三蔵山が察してコトを治めるのだが、「作品を作るということは、自分の心を覗き続けるということ。どんなに醜くても、情けなくても、向き合わなくては」と三蔵山は沼田に諭す。

同じ三蔵山現場で、中田が沼田のネームノートを目にする。アシスタント仲間は「自己犠牲で終わるアンドロイドの恋愛モノ」と言い、過去の編集担当者も理解してもらえなかったストーリーだが、中田は「違います。これは自分自身の存在を問う物語です。」と泣きながら言うのです。

わからない担当者は感性が鈍いのか、興味が一致しない。三蔵山先生には「コミカルに振ってみては」と言われる。いつか、いつか、いつか、わかってもらえる時が来たら出そう、と。わかってもらおうと戦わずに40歳になってしまった自分に向き合い、沼田はアシスタントをやめ、実家の酒屋に帰る。

 

視聴率は初回から最終回含め10%超えることはなく、平均7.2%だそう。とてもよいドラマだったんだけど、なんでかな。

 

重版出来! DVD-BOX [ 黒木華 ]

価格:15,882円
(2018/6/14 23:12時点)
感想(3件)

【評】★★★★☆

黒沢心の時計は「INDEPENDENT×戦国BASARAコラボウォッチ」だよ。石田光成Ver.

 

文字の神様が降りてきた!という流行らなかったギャグだと思おう【未解決の女】

未解決の女 警視庁文書捜査官 第1話~第8話(最終話)

「未解決の女 警視庁文書捜査官」DVD-BOX [ 波瑠 ]

価格:12,312円
(2018/6/18 00:31時点)

テレビ朝日テレビ朝日によるテレビ朝日のためのドラマ。←言ってる意味がわかりませんが、非常に「テレビ朝日イズム」なドラマということです。(嫌いじゃない。)

 

無鉄砲肉体派刑事と、浮世離れ頭脳派刑事の凸凹タッグ

矢代朋(波瑠)は強行犯係で犯人から銃弾を浴び怪我をする。復帰後の異動先「特命捜査対策室 第6係 文書解読係」で出会うのが、鳴海理沙(鈴木京香)。文字フェチで文書解読のエキスパート。

倉庫番」と揶揄される部署だったが、矢代の熱血ぶりが次第に、個性あふれる倉庫番刑事らに影響を与え、次々事件を解決に導く。

 

違和感しかない。肉体派とやらの波留

わたくしごとではありますが、ちょうど同時期にDVDで「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」を並行して見ているのです。その落差が。

でもそれがなくても、違和感、感じます。元々原作では「矢代朋彦」男性だからでしょうか。波瑠の「じぶん!」「じぶんは!」って、やらされている感・言わされている感しかない。柔道一本で無鉄砲、頭より体が動くみたいなまるで色気がなく、なんでそんなキャラに波瑠を持ってきたのか謎なキャスティング。『あなたのことはそれほど』(TBS)や、『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK)など、陰鬱とした役回りが多かったせいか、若さ・はつらつを通り越した、なんだこりゃキャラが悪目立ちしてしまったような。男性のまま、工藤阿須加がやったほうがイメージに合うかも。

 

ザ・テレ朝イズムな小ネタ光るドラマ

科捜研の女』に『遺留捜査』の糸村(上川隆也)が出演するなど、刑事ドラマにめぐまれているテレ朝ならではの演出が、『未解決の女』にもありました。『警視庁・捜査一課長』の大岩一課長(内藤剛志)が、2回かな、登場しましたね。

また、第5話では、官僚が腹部大動脈りゅう破裂で死亡するが、原因が数年前の手術で体内に残された小型鉗子。これをわざわざ「モスキートペアン」と言っているあたりが、同クールTBSの『ブラックペアン』にぶつけているし。

キャストの多くがNHK朝ドラ出演経験者のせいか、高田純次に「ドラマの見過ぎ、朝ドラとか!」といったセリフを言わせたり。小ネタが光るテレ朝らしい演出も。

 

「私、失敗しないので」「実におもしろい」決め台詞は必要か。

『BG~身辺警護人~』の「誤差なし」とか物議かもしたり。『重要参考人探偵』では「犯人は俺じゃない!」と同時につぶやけとか。まあこのところのテレ朝ドラマは『ドクターX』に続く大ヒット作が欲しいのが透けて見えるんですが、

 「 文 字 の 神 様 が 降 り て き た ! 」

これ聞くたび恥ずかしいー(〃ノωノ)

こちらが恥ずかしくなるのはこちらの勝手なのでしょうけど、やっぱり恥ずかしくなるのでやめてほしい。「僕は死にましぇん」とか「事件は会議室で起きているんじゃない」とか毎週言ってなくても、印象に残る台詞ってある。決め台詞ってどうしても必要なのでしょうか。流行らない決め台詞ほどお寒いものはないと思うんですよね…。

ここはひとつ、勇気を出して「僕に3分だけ時間をいただけませんか?」もやめませんか?やめませんか、そーですか。

 

『コンフィデンスマンJP』を超えるゲストキャスティング。

ただ犯人や被害者の豪華なこと。ここだけはほめたい。
第1話:中山美穂風間俊介
第2話:高岡早紀、戸次重幸
第3話:吉田栄作福原遥
第4話:真飛聖堀部圭亮
第5話:宮迫博之植草克秀←途中までカッチャンってわからなかった。
第6話:板野友美桐山漣入山法子
最終章:石黒賢谷村美月、岡田浩暉、大谷亮平、岩城滉一

 

谷村美月がたまらなくいい。中学の頃から犯罪を企てるキングオブ黒幕。
もしシリーズ化したら、谷村美月レクター博士のような、『BOSS』の武田鉄矢みたいな……わかりますかね、捜査アドバイザーのような、そんな役回りとかでピリピリさせてほしい。

 

いやでも、どうなのかな。原作はどんな展開なのかも興味出てきますが、文字からどうのっていうより、単純に未解決事件のファイルを読み、矛盾点や捜査の穴を見つけ、突き詰めて解決していく、のような、そんな展開がいい気がする。

そもそも現代に起きた事件をきっかけに、未解決事件が動くっていうね。結局、関連した人物に事件が起きないと、過去の「歯車が止まってしまった」事件がが動かないっていう構造が、なんかもうダメ。

 

マッキントッシュ フィロソフィー MACKINTOSH PHILOSOPHY バッグ リュック ブレイヴァル 73113 デイパック 革 レザーリュック A4対応 エース 正規品 父の日 ギフト プレゼント

価格:38,880円
(2018/6/18 00:37時点)

【評】★★★☆☆ でも波留のリュックはカッコカワイイ。

「羽根」ではいつになっても羽ばたけないの【いつまでも白い羽根】

【いつまでも白い羽根】 第1話~第8話(最終話)

いつまでも白い羽根 (光文社文庫) [ 藤岡陽子 ]

価格:799円
(2018/6/18 14:32時点)

国立一本で臨んだが失敗し、母親が勧めるがままに看護専門学校通いはじめた木崎瑠美(新川優愛)が、再度大学受験するのか、このまま看護師になるのか迷いながら、友人や患者とのふれあいにより成長する。

 

「羽根」ではいつになっても羽ばたけない気がする

公式ホームページでは、

オトナとして、白い羽根のままで羽ばたく日は訪れるのでしょうか?

ストーリー|いつまでも白い羽根|東海テレビより

 

とあります。が、そもそも違うと思うんだ。

 

「羽」と書くのは、鳥の全身を覆うか軽い気、鳥や昆虫が飛ぶための器官(昆虫の場合は「翅」とも書く)、翼状のもの。
「羽根」と書くのは、鳥や昆虫の体から抜けた羽や、羽を加工したもの、またそれに模したものである。

「羽」と「羽根」の違い - 違いがわかる事典より

 

「羽根」は抜けたヤツ。羽根ペンとかの、あの羽根。ドラマ中もふわーっと「白い羽根」が飛ぶシーンが何度かありましたが、なのでこれは「羽根」でいいのですが、白くなくても「羽根」では羽ばたけないと思うよ。

 

職業系ドラマでもなく、学園系ドラマでもない中途半端さ

いやあ……失礼ながら、近年まれにみるつまらなさ。

校閲」とか「週刊誌編集部」とか「検察」とか「刑事弁護士」とか「科学捜査」とか。知られざる職業の入り口を見せるようなドラマではないんですね。看護師って、3K(キツイ・汚い・キケン)だというのは何十年も前から周知の事実だし、それを超える新しい目線がありません。また『おたんこナース』とか『ナースのお仕事』のような「新人ナースの笑いあり涙ありドラマ!」でもなく…。

もうちょっとで感動的な流れになりそうなのになーーと何度やきもきしたか。残念ながら、拍子抜けしたまま最終回という感じでした。

 

ひとつひとつのエピソードの弱さ

瑠美が大学受験大学受験言ってたのも看護学校1年生まで。なぜ再受験にトライしなかったかはハッキリ描かれず、じゃ2年生から看護師になる覚悟ができたかというとそれも違くて、まだグズグズしています。

千夏(伊藤沙莉)は、指導看護師が実習日誌の改ざんを指示するなんて、もちろん本来あってはなりませんが、ドラマとしては「まあ、展開としてある」というか。あるある程度のエピソードで、最後の最後で急に退学しちゃう。

酒井美紀も主婦・母親と両立しながら、担任から退学しろ攻撃に立ち向かって資格取るのかと思ったらそうではない。最初から、離婚前提で資格・自立目指して、というのでもないし、でも結局離婚してしまう。

瑠美のお父さんもうつ病だったはずなのに、いきなり社会復帰してる。たぶん母娘の姿を見てオレも!っていうのがあると思うんだけど、いかんせんその描写が弱いので、いきなりハツラツと焼肉屋店長をやっていて、なんだ元気じゃん的な印象。

 

また、瑠美が菱川先生(清原翔)を、菱川が遠野さん(さとうほなみ)を、遠野さんが加藤雅也を、一方通行だらけの恋心が、急なんです。「なにきっかけでそーなった!?」と唐突な想いが錯綜します。

遠野さんの復讐もなんか…どうしたのかな。最後はその仇である加藤雅也と唐突にデキてるし、その加藤雅也と唐突に死ぬし。そんな都合よく交通事故で2人とも死ぬとか、ないから。

 

あと、あの2人ね。千夏の幼馴染とその友人(瀬戸利樹・深澤嵐)。2人で出ればなんとなくわかるけど、1人だとどちらなのか最後まで見分けつかなかった。ごめんなさい。

 

いつまでも白い羽根【電子書籍】[ 藤岡陽子 ]

価格:756円
(2018/6/18 14:32時点)

【評】★☆☆☆☆ KOBOならこっち。原作は違うのかな。

13歳のハローワーク 第1話~第9話(最終回)

なにげにこのドラマ好きで、フルで見るの3回目。
なにがいいって、キャストね。
このドラマは完全に、横山くん目的なんですけど、塾生には、高杉真宙中川大志。女子には山本舞香工藤綾乃
通常の学園モノとはちょっと違うけど、子役時代の演技が見れるのも、いいなーって。

桐谷美鈴のトサカ前髪やボディコンは、ちょっと違和感感じるんだけど、まあ、それもおもしろい。バンドブームの話しとかさー。
タイムスリップ型ドラマなんだけど、その子が成長した姿が描かれているのもいいね。

何話だったか。眞島秀和が、No1.ホスト役で出演しているのですが、めずらしく似合わない役柄で無理していそうなホスト……ただ接客ノートを付けていたりして根はマジメなホストなので、無理していそうなところまで演技なのか、なんなのか。
ホスト・眞島秀和がすっごくおもしろいドラマなのです。(褒めている)

【メモ】★★★★☆ いつの日かまた見るかも。

賭けグルイ 第1話~第10話(最終回)

さくっと一気見。
で。
これは……なにかな。
HuluとかNetflixとかで、続くのかな。
というくらい、中途半端な終わりかた。

生徒会が個性派ぞろいなんですけど、ドラマでは描ききれていなかったよね。
生徒会長もだれなのか。蛇喰との対決がないまま終わっちゃったし。
生徒会のあの、仮面の子もなんだったのか。
あと、なに。三戸なつめ(28)ね。
キャスティングされたにしても、よく高校生役引き受けたなー。
そもそも、高杉真宙と、中川大志狙いで録ったんだけど、この2人はぜんぜんだったよね。
本人らの演技がどうとかではなく、2人を使うのがもったいない。残念。

ただ、じゃばみ(浜辺美波)、めあり(森川葵)、あとは、すめらぎ(松田るか)は、めちゃくちゃかわいかったー(語彙力)
独自ルールがどんどん複雑化してニガテ。原作だともっと丁寧で凝ってる説明なのかもしれないけど、たぶんこゆの、わたしダメだわ。東野圭吾『卒業』の雪月花もルールがサッパリだった。
でもそこ深く考えず、かわいい子たちが、悪い顔してキヒヒヒって賭けクルってる感じはとてもよいものだ。

【メモ】★★★☆☆ ふつう。リピなし。続編あったら見る。

 

モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 第1話~第6話

木村多江「ブラックリベンジ」、亀梨和也「FINAL CUT」に続き、今期もありました復讐モノ。なんですか流行っているんですか復讐。ディーン使えばF2層が見るだろ的なキャスティング。

とか、まったく興味がわかなかったんですが、意外とおもしろいよ!ていうね。

 

次回5/31がね、録画したいものが複数重なり、どうしても1つ録画できないことになって、「じゃーどれか、リアルタイムで視るか」ということで。なんの気なしに一番興味のない(録画とっておくほどでもない)モンテクリスト伯を、5/31のリアルタイム視聴までに、今まで放映分を見るかと。そういうきっかけでイッキ見。

 

「ブラックリベンジ」「FINAL CUT」はさ、ひとりひとり顔出しして、復讐される側も復讐している人を認識していたけど、モンテは「なんで自分たちがここに呼び出されたんだろう」ってわからないし、ジワジワ互いを削ぐ感じになっている。

 

でもま、15年経ったとはいえ、名前や身分が違うとはいえ、わかんないもんなのかなとか、親父こと元大統領との偶然 of 偶然の出会いとか、イチ漁師が口頭で親父にいろいろ教わったところで数年であんなに語学教養が身に付くものなのかとか、つっこみどころ満載だけど。まあ意外とおもしろいよ!←二度言った。

 ディーンのほか、大倉くんや、高杉真宙も出てるし、葉山奨之もいいね。